店舗紹介両店舗共にお米の知識に長けたアドバイザーがおります。


かねき米の郷~萱町本店~

店舗紹介1 田原市中心地に位置し、駅からも徒歩3分と近く
大変便利な位置にあるお店です。配達はこちらから行っております。
近くには大型ショッピングモールもあり、
いろんな買い物もでき便利です。
郵便番号 441-3421
住所 愛知県田原市田原町萱町27
電話番号 0531-22-0058
定休日 日曜
営業時間 午前8時30分~午後8時30分

萱町本店のようす

店舗紹介2jpg
店舗紹介3
店舗紹介4
店舗紹介5
店舗紹介6
店舗紹介7
店舗紹介8

かねき米の郷~南晩田店~

店舗紹介9 萱町本店から北へ行ったイオン田原店の近くに位置するお店です。
他にも酒屋トリトなどの商業施設も多くあります。
店舗入口は屋根付きで、雨でも安心!!
ドライブスルー気分で買い物できます。
小型精米機設置しており、
玄米をお好みに分搗きさせていただきます。
郵便番号 441-3421
住所 愛知県田原市田原町南晩田20-3
電話番号 0531-22-5360
定休日 日曜
営業時間 平日 午前10時~午後6時
祝日 午前10時~午後5時

南晩田店のようす

店舗紹介9  店舗紹介10[  店舗紹介11

店舗紹介12
店舗紹介13

かねきの歴史

江戸時代、当店は「鈴木喜兵衛」という名を受け継ぐ一百姓でした。
江戸末期、この名前を受け継いだ鈴木喜兵衛の妻は、農耕のかたわら市(いち)にやってくる人相手に”ふかしさつまいも”の小商いをしていました(当時、萱町本店前に市が立ち、さつまいもは非常に珍しかった)。

明治になり、名を受け継ぐ習慣がなくなった頃、当鈴木家に重太郎という養子が入り、米屋を始めました。そして、長い間慣れ親しんだ鈴木喜兵衛にちなんで「かねき米穀店」としました。
1897年(明治30年)の事でした。
当初は、先代のいも屋の方が有名で、かねきの屋号より”いも重”として通っていました。

初代鈴木重太郎、2代目鈴木儀平、3代目鈴木宏、そして現4代目鈴木健司へと一世紀以上が経ちました。
更に200年を目指して頑張っております。

平成2年には、”ライスショップかねき”(かねき米の郷・南晩田店)がオープンしました。

平成10年には、長い間ご愛顧いただいていた明治39年築の萱町本店を解体新築し、
”かねき米の郷・萱町本店”としてオープンしました。

平成13年に、4代目鈴木健司が渥美郡(現田原市)初の米のソムリエ「米・食味鑑定士」になりました。
平成24年4月、5代目鈴木康仁が8年間の勤めていた会社を退職し、家業を継ぐことになりました。

今後も皆様に愛されるお米屋となりますよう努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。


Mr.らいすくん

店舗紹介14
かねき米の郷のマスコットマーク「ミスターライスくん」は昭和61年(1986年)に、
4代目鈴木健司の妻紀江がデザインしました。

翌年(1987年)に、お客様アンケートを実施して名前を募集しました。

たくさんご応募いただいた中で、田原市浦町徳永良一様よりご応募いただいた
『ミスターライスくん』 に決定させていただきました。

以来、オリジナル米袋に採用したり、オリジナル新聞の「K通信」(かねき通信)に登場したりして、
現在ではみなさまにお馴染みのマスコットキャラクターとなっております。

これからも「ミスターライスくん」を末永くかわいがって下さい!!

Copyright© 2014 かねき米の郷 【愛知県田原市】 All Rights Reserved.